プロミスは収入証明書無しで50万円まで借りれます

※プロミスでは急な出費でもすぐに借りれるので安心です

プロミスは収入証明書無しで50万円まで借りれます

キャッシングの申し込み時には、いろいろな書類を提出する必要があります。プロミス側の立場で考えれば当然ですが、貸し倒れリスクのある人に貸すことは避けなければなりませんからね。ちゃんと「借金を返済できる」という信頼を得られた人だけが借入可能になります。

 

審査の際に渡すことになる情報は基本的に2つで、一つは「身分証明書」です。これは運転免許証やパスポートを提出する人がほとんどだと思います。今ではネットで申し込みできるので、写真に取って送ればOKです。ちなみに僕はiPhoneのカメラで運転免許証の写真を撮って送りました。

 

もう一つは「収入証明書」です。返済する能力がどれだけあるかをプロミス側も見たいので、必要な情報になります。具体的には源泉徴収票や給与明細書などが収入証明書と呼ばれるものですね。

 

キャッシングで収入証明書が必要ない場合

 

「それじゃあ、そうゆう書類をもらってるサラリーマン以外はどうすればいいの?」

 

そうですよね。たとえばアルバイトやパート収入しかない主婦、学生など定職についていない人は収入証明書なんて持ってないですよね。ただ、キャッシングの申し込みに収入証明書が必須というわけではありません。実際、プロミスも50万円までなら収入証明書の提出が必要ありません。

 

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

これは別にプロミスに限った話ではなく、50万円程度でしたら多くの消費者金融で収入証明書無しでも借りれるはずです。ただ、限度額はどこも50万円程度に設定されています。銀行系のカードローンは限度額が高めですが、審査に通るのが少し難しいみたいです。

 

「じゃあ、複数の消費者金融で50万円ずつ借りれるかな」と考えた人がいるかもしれません。でもこれは審査の最初に聞かれるように、他社での借入額はどの消費者金融でも必ず聞かれます。総量規制という法律もありますし、無茶な借入はできないので、そこだけは頭に入れておくといいですね。

 

それに、それぞれの金融機関はライバル同士ですが協力しているところもあり、顧客の個人信用情報はJICCなどの信用情報機関で共有されています。申し込みに来た人が今までにどれぐらいの金額を借りてどのように返済したか、もしくはしていないかといったことを把握しています。なので、複数のキャッシング会社に同時に申し込むと「こいつはお金を借りるだけ借りて逃げるつもりじゃないだろうか」と思われてしまう恐れもあります。

 

収入証明書がない場合のキャッシングは、短期間で返済できる額に限定して利用したほうがいいと思います。

 

>> 収入証明書無しでも借りれるプロミスの詳細