審査時には絶対に嘘をつかないこと

※プロミスでは急な出費でもすぐに借りれるので安心です

プロミスへ虚偽の申告をすると必ずバレます

プロミスで借入をしようと思ったら、必ず審査を受ける必要があります。その際に必ず聞かれるのは「収入」、「会社名」、「他社からの借入状況」などです。ここでウソをついてしまうと審査に通りません。

 

50万円までなら収入証明書なしで借りれるとはいえ、年収は必ず聞かれますし、会社にどのくらい勤めているのかといった情報も聞かれます。そして、他の金融機関からの借入状況は重要です。

 

平成18年の貸金業法改正で、総量規制という規制がかかるようになりました。

 

総量規制とは「貸金業者は借入希望者の年収の三分の一以上の融資をしてはいけない」という法律で、借りる側の人間が返せなくなる確率を減らすための処置です。自身の返済能力を超えた借入をしてしまうと、最悪のケースでは自己破産という結末になるため、貸す側を守るという意味合いもあります。

 

具体的に言うと、例えば年収300万円のAさんがいたとして、Aさんが借りれる額は年収の三分の一の100万円までと決まっています。そこで、Aさんが100万円以上のお金が必要になり、自分の年収を600万円と申告して200万円借りようとします。ただ、これは必ず問題になります。というより、プロミスに限らずどの金融機関でキャッシングの申し込みをしたとしても200万円といった高額を借りる場合は収入証明書の提出が求められ、最終的には嘘だとバレます。

 

そうなると虚偽の申告をしたということで信用できない人間と見なされ、二度とその金融機関では借りれなくなると思っていいでしょう。

 

アコムで借りててもプロミスで借りれるの?

 

また、他社からの借入ですが、個人信用情報機関を通じてプロミスやアコムなどの各キャッシングサービス同士で情報を共有しています。つまり、本当はアコムで30万円借りているのに審査時に「他社からの借入はありません」などと嘘をついても絶対にばれるということです。

 

総量規制の範囲内であれば、たとえアコムで借りていたとしても審査に通る可能性は十分にありますから、虚偽の申告をせず正直に話しましょう。その場合、初めは限度額10万円など低めに設定されるかもしれませんが、毎月の返済をしっかりしていれば信用が付いて限度額の引き上げなどにも応じてくれるはずですよ。

 

>> プロミスの審査はこちらから