プロミスの金利と返済額

※プロミスでは急な出費でもすぐに借りれるので安心です

プロミスの実質年率は4.5%〜17.8%

お金を借りるということは必ず返す必要があるわけで、親や友人に借りる場合は無利息かもしれませんが、通常どの金融機関からお金を借りた場合は返す際には元金だけでなく利息も払う必要があります。

 

気になるプロミスの実質年率はどのくらいかというと、4.5%〜17.8%と設定されています。ちなみに同業のアコムは4.7%〜18.0%、モビットは4.8%〜18.0%という設定です。プロミスのほうが最大値が0.2%ほど低いのがポイントですね。0.2%なんて…と思うなかれ。実際に借入してみると金利は少しでも低いに越したことはないと思う様になります。

 

ちなみに「○○%〜○○%」と幅があるのはなぜかというと、借入額や借り手の属性などの条件により、適用される金利が違うからですね。(信用度の高い人間ほど利率は下がるということです。)

 

初めての利用の場合は借入限度額も低めに設定されるでしょうから、年利も17.8%の設定になると思われます。ただ、毎月の返済をきちんと行っていけば信用も上がっていき、限度額を上げてもらえたり、年率が下がったりします。

 

10万円借りた場合の計算方法

 

さて、ここでは10万円借りた場合の年利と返済額の関係を解説します。
1ヶ月を30日とした時、以下の計算式で利息は計算されます。

 

100,000円 × 17.8% ÷ 365 × 30日 = 1,463円

 

これが1ヶ月で払う利息です。

 

つまり、1ヶ月で返す予定であれば、元金10万円+1,463円を返済すればいいということです。ただ10ヶ月で元金を1万円ずつ返す場合、2ヶ月目は残りの9万円に利息がかかりますし、3か月目は残りの8万円に利息がかかります。ですので、返済は早いほど利息は減るんですね。

 

もちろんこれは単純計算ですので、借り手の条件によって微妙に変わってくる可能性はあります。

 

ちなみにプロミスの場合、返済日は5日、15日、25日、末日のいずれかから決められます。

 

>> プロミス即日キャッシングの詳細